もっと時短&自由になった人気のスチームオーブンレンジ「NE-BS1100」は今が買い時

“おおざっぱ”でおふくろの味! パナソニック「3つ星 ビストロ」の魅力に迫る

このエントリーをはてなブックマークに追加

メインディッシュが8分で焼き上がるオートメニューやトースター並みの早さを実現したトースト機能など、“時短”でアタマひとつ抜けている感のあるオーブンレンジ「3つ星 ビストロ」(パナソニック)。その最上位機「NE-BS1100」は、価格.comの「電子レンジ・オーブンレンジ 人気売れ筋ランキング」4位にランクインしています(2015年3月13日時点)。1〜3位を50,000円以下の製品が占める中、70,000円を超える価格でありながら4位を獲得した「NE-BS1100」は、もっとも人気の高いハイグレードモデルと言えるでしょう。そこで、「NE-BS1100」の“高くてもほしい”と思わせる魅力を調査してみました。

NE-BS1100

「3つ星 ビストロ」の特徴と「NE-BS1100」の進化点

「NE-BS1100」について解説する前に、「3つ星 ビストロ」の特徴を押さえておきましょう。「3つ星 ビストロ」のウリは数々ありますが、注目したいのは“時短”。煮物や“油で揚げないフライ”などが10分で作れる“時短メニュー”がいくつも用意されています。その素早さの鍵を握るのが、“上からヒーターで焼き、下からは発熱するグリル皿で熱する”という加熱システム。2012年にはこの加熱システムがさらに進化し、“グリル皿手前側だけ”というように加熱するエリアを絞れるようになりました。これにより、1〜2人分の少量に限られますが、ハンバーグや串焼きといったメニューが8分で焼き上げられるように。さらに2013年度モデルからは、餃子や焼きそばのように“蒸す+焼く”が必要な調理も“フタを使わず”できるようになり、手間なく素早くには毎年向上しています。

グリル皿

オーブン調理の際に利用する角皿2枚のほか、グリル皿1枚が付属。時短メニューで使用するのは、グリル皿のほうです。グリル皿には、裏面にマイクロ波を吸収して発熱する素材が採用されているため(赤い囲み部分)、“ヒーター+レンジ”による加熱で、食材を上からも下からもこんがりと焼くことが可能

時短のヒミツ

食材を上から焼くためのヒーターは、庫内天面に3つ搭載。Aの近赤外線ヒーターで食材の中を加熱し、@Bの遠赤外線ヒーターで表面をパリッと焼き上げます。少量調理の場合“加熱エリアを絞る”と上で説明しましたが、その際には@とAだけを使用。同時に、グリル皿に乗せる食品も前方半分のみ(赤い囲み部分)にすることで、手前側だけの加熱が可能に。全体を加熱するよりも短い時間で調理が完了します

2014年度モデル「NE-BS1100」にも、この加熱システムが採用されています。では、どこか進化したのか言うと、温度を見張る「赤外線ヒーター」が従来モデルの8倍となる64素子に向上。食品の表面温度を往復して測定していたものが、一度に全体を見渡せるようになりました。これにより、加熱ムラが低減されたほか、加熱時間の短縮にも貢献。お茶碗1杯分のごはんであれば、30秒台で温めが完了するそうです(従来は約50秒)。

庫内容量30L

「NE-BS1100」は、庫内容量30Lの2段調理ができるスチームオーブンレンジです。サイズは、494(幅)×390(高さ)×484(奥行/ハンドル含む)mm。写真右の赤い囲みの部分に、64素子で食品の温度を検知する赤外線ヒーターが搭載されています

進化点をチェック!

赤外線ヒーターの精度が64眼に向上したことで、具体的にどのようなことができるようになったのを実例を交えながら見ていきましょう。大きな進化ポイントは2つとなります。

“おおざっぱ”な煮物作り「かんたん煮物」メニュー
ボタンを押すだけで加熱時間や温度を自動調整してくれるオートメニューはとても便利ですが、レシピどおりに食材や分量を用意しなければなりませんでした。「NE-BS1100」も例外ではありませんが、煮物の自由度がアップした「かんたん煮物」メニューを搭載したのがポイント。「かんたん煮物」メニューは、赤外線センサーが野菜の分量を検知して加熱時間をコントロールしてくれるので、野菜の種類はほぼ問いません。分量も100〜500gの範囲内であればOKと、とてもザックリとしたもの。つまり、野菜と調味料を合計100〜500gの間で準備すれば、後はボタン1つで“おまかせ煮物”ができてしまうのです。

「かんたん煮物」メニュー

「かんたん煮物」メニューの中には、レシピに掲載されている“きんぴら”や“かぼちゃの煮物”といったメニューが用意されています

レシピどおりの分量でない野菜を煮る場合には「根菜の煮物」と「葉果菜の煮物」を利用すればOK。加熱時間が自動で調整され、煮物が完成します。ごぼう、じゃがいも、れんこん、大根、にんじん、さつまいも、長いもなどの野菜は「根菜の煮物」、小松菜、ほうれん草、キャベツ、かぼちゃ、トマト、ブロッコリー、カリフラワーといった野菜は「葉果菜の煮物」を選びましょう

“筑前煮のようなもの”を作ってみましょう。家にある野菜とこんにゃく、鶏肉をカットして耐熱容器に投入。ごぼうやれんこん、しいたけ、こんにゃくが入っているので“筑前煮みたいなもの”という感じでしょうか。容量は、市販の出汁を加えて450g程度になりました。ラップをして「かんたん煮物」メニューの「根菜の煮物」で調理スタート!

筑前煮のようなものを作る

トータルの重さが100〜500gであればいいので、分量に悩むことはありませんでした。加熱時間は約10分で終了。鍋で煮るより断然早い

筑前煮のようなもの完成

準備を含め、20分ほどで煮物が完成。しっかりと中までやわらかくなっているのに、煮崩れなし! 焦げ付き防止で途中で混ぜたり、様子を見守る手間もありません。もちろん、味もしっかり染み込んでいました

今度は、かぼちゃの煮物に挑戦してみます。準備は上で行った筑前煮風と同じく、かぼちゃをカットして調味料を加えるだけ。トータルの容量は、約450gになりました。

かぼちゃと調味料を入れて庫内にセット

レシピに掲載されているかぼちゃの煮物の作り方には3×4cmでカットするとありましたが、筆者が切ったものはそれより少し大きいかも……

約7分加熱した状態

約7分で加熱が終了。こんなに短時間で大丈夫なのか? と爪楊枝を刺してみたところ、スルリと下まで到達しました。しかし、もう少し出汁が染み込んだ状態にしたかったので、追加加熱を2分ほど実行

かぼちゃの煮物完成

飴色に輝くかぼちゃの煮物ができあがりました。形もキレイで、見た目にも食欲をそそります。出汁が焦げ付かないので、加熱に利用した容器の洗浄もラク

冷凍と常温の見分けは“おまかせ”
凍らせた状態から焼き上げる調理メニューは従来モデルにも搭載されていますが、「NE-BS1100」では、食品が冷凍されているのか常温なのかを赤外線センサーで測定可能に。そのため、手動で冷凍/常温を選ぶ必要がなくなりました。さっそく、その実力を調査! 今回は、たれにつけた鰤を冷凍したものと常温のもの2つを用意し、同じメニューで上手に焼けるのかを見てみます。

まずは、鰤をたれに漬け込む準備をしましょう。常温と冷凍で準備が違うので参考にしてください。

常温の鰤は、切り身を途中で上下に返しながら30分間漬け込む

常温の鰤は、焼く前に切り身を途中で上下に返しながら30分間漬け込みます

事前にジッパー付き保存袋にタレと切り身を入れてなじませ、そのまま冷凍庫へ

冷凍にする場合は事前にジッパー付き保存袋にタレと切り身を入れてなじませ、そのまま冷凍庫へ

準備したおいた鰤を焼く工程へと移ります。

グリル皿の手前側に、鰤ひと切れを配置

グリル皿の手前側に、鰤ひと切れを配置。少量なので、手前側だけを加熱する“時短調理”となります

どちらも「ふりの照り焼き」を選択して加熱スタート

調理メニューは、どちらも「ふりの照り焼き」を選択して加熱スタート!

選択した調理メニューは同じなのに、常温と冷凍で加熱時間に差が出ました。オーブンレンジが自動で調整してくれたというわけですね。

常温の鰤の焼け具合

常温の鰤は約9分で完成。裏面にも焼き色が付いて、おいしそうです。皮はパリパリで、身はふっくらジューシー

冷凍の鰤の焼け具合

冷凍の鰤は常温よりも少し長い、約15分で焼き上がりました。少し、冷凍のほうが焦げが多い感じですが、苦くて食べられないレベルではないので問題には感じず。冷凍にするとパサパサになるのでは? と思いましたが、常温のものとそれほど差はない様子。タレが染み込み過ぎてしまうこともなく、素材の味もしっかり残っています

その他の魅力

調理に関する大きな進化点は以上ですが、「NE-BS1100」には調理をラクにしてくれる機能が満載。筆者が「NE-BS1100」を使って、便利と感じたメニューや機能をいくつか紹介します。

【蒸し焼き10分】焼きぎょうざ(加熱時間:約10分)
蒸し物や蒸し焼き調理が10分でできるメニューは、昨年モデルから搭載されています。同様の調理ができる日立のオーブンレンジの場合、スチームをたっぷり確保するためにフタを装着しなければなりませんが、「NE-BS1100」はグリル皿に食品を並べて庫内にセットするだけでOK。手軽なので、頻繁に利用したくなります。

ぎょうざの耳を水にくぐらせ、グリル皿に並べたらメニューを選ぶだけ

市販のチルドぎょうざの耳を水にくぐらせ、グリル皿に並べたらメニューを選ぶだけ。油は使用しません

ぎょうざ完成

10分後に焼き上がったぎょうざの裏面には、こんがりと焼き色が! 表の皮が乾燥してしまうこともなく、絶妙な焼け具合。油を使っていないのでサッパリとした味わいですが、健康を意識するならばもってこいの調理法です

調理後のグリル皿

調理後のグリル皿には、焦げ付きもありません。素材から出た油が付着している程度なので、洗うのも手間がかかりませんね

【こんがり8分】焼き鳥(加熱時間:約8分)
グリル皿の手前側だけを加熱することで、約8分で焼き上げる「こんがり8分」メニューも使ってみましょう。焼き専門となりますが、1〜2人分の調理が素早く済むので便利です。今回は、レシピにある焼き鳥に挑戦。ただし、レシピではたれをつけたものを焼いていますが、筆者は塩のほうが好きなので“焼き鳥(塩)”にアレンジしてみました。

ねぎまを焼く

レシピには、グリル皿の手前側のエリアに串に刺した食品を6本並べると書かれていましたが、筆者宅にあった白ねぎが太過ぎたのか、4本しか並べられず

焼き鳥完成

少ない本数のまま加熱してみましたが、焦げたり、硬くなることはありませんでした。直火よりも焦げ色は薄く感じますが、中までしっかりと熱がとおって肉汁も残るいい仕上がり

こんがり8分

「かんたん煮物」同様に、「こんがり8分」にもレシピにない調理をする際に利用できるメニューが用意されています。「こんがり8分」の加熱具合がわかるようになったら、8分で焼き上がるオリジナル料理にチャレンジしてみるのもよさそうですね

トースト(加熱時間:約3分50秒)
「3つ星 ビストロ」を語るうえで絶対に欠かせないのが、トースト機能。高機能なオーブンレンジの場合、食パンを焼くのに10分以上かかったり、途中で裏返す必要があったりします。「3つ星 ビストロ」は、2012年からトーストが1枚3分50秒で両面焼きできる機能を搭載。「NE-BS1100」も、トースター並みの早さで焼き上げます。

トーストを焼く

トーストメニューは、操作部のメイン画面のところに用意されているので素早く選べます。枚数は手動で選択

トースト完成

食パン1枚は、本当に約3分50秒で焼き上がりました。左が表面、右が裏面ですが、どちらも十分な焼き色です。適度に水分が残りつつ、サクサクとした食感でまったく不満はありません

タッチパネルの操作部
毎日使うものだからこそ、操作のしやすさは重要。「NE-BS1100」は、カラー液晶タッチパネルでメニュー選択や温度/時間の設定を行います。スマートデバイスやデジタルカメラなど、タッチでの操作に慣れている人にはとても扱いやすいはず。また、見やすさを求める人のために、より大きな表示に切り替えられる「かんたん画面」も用意しています。

タッチパネル

タッチの反応がよいので、ストレスなく操作できます。暗めの場所であっても、液晶が明るく光るので見やすさもバッチリ

表示を切り替えできる

「毎日使い」「料理集」「手動」の画面には、それぞれ6つのボタンが表示されますが、そのうち3つを選択して大きなボタンで表示できるのが「かんたん画面」です。見やすさを優先する人や、よく使う機能が決まってる人には役立つかも

まとめ

毎年進化する「3つ星 ビストロ」を、これまで5年以上実際に使用している筆者が思う「3つ星 ビストロ」の魅力は、“効率がよい”ところ。効率がよいというのは“加熱が早い”という性能的なことでもありますが、“毎日役立つ”ことでもあります。いくら高機能であっても、日々使えなければ意味がありません。トースター並みの早さを誇るトースト機能やお茶碗1杯分のごはんを30秒台で温める機能は、些細なことと思われるかもしれませんが非常に実用レベルの高いもの。「NE-BS1100」に搭載された“焼き物/揚げ物調理では冷凍か常温かを選ばなくてOK”という機能も、調理の効率を上げることに役立ちます。さらに、指定容量内であれば野菜の種類は問わない“おおざっぱ”な煮物メニューは想像以上に簡単で出来がイイ! 細かい分量測定もないので、この煮物メニューならば気軽に使えます。

そして、この高性能な「NE-BS1100」を手に入れるのは、まさに今が狙い目。発売当初は148,000円でしたが、2015年3月13日時点の価格.com最安値では約半額に! 凝った料理作りだけでなく、毎日使える有意義なオーブンレンジが欲しいなら、うってつけの一台と言えるでしょう。

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌の白物家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

製品 価格.com最安価格 備考
3つ星 ビストロ NE-BS1100-RK [ルージュブラック] 食品の温度を測定して自動加熱するスチームオーブンレンジ
3つ星 ビストロ NE-BS1100-W [ホワイト] 103,800 食品の温度を測定して自動加熱するスチームオーブンレンジ
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

レビュー最新記事

レビュー記事一覧
2016.8.28 更新
ページトップへ戻る