Windows 8/8.1の使いにくさを解消! 「スタートメニュー」は柔軟にカスタマイズできる

Windows 10のいいところをあらためて整理する

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年7月29日に提供が開始された「Windows 10」。「Windows 7」や「同 8/8.1」の利用者なら、1年間無料でアップグレードできることや、最後のメジャーバージョンアップであることなど、これまでのWindowsとは異なる点が多く、提供開始から話題となっている。価格.comにも多くのクチコミが寄せられている。「上手くアップグレードができない」「予約したが、まだアップグレードできない」「プロダクトキーがわからない」など、アップグレードに関する不満の声が目立つが、Windows 8/8.1ユーザーからは、「すぐにアップグレードする予定」「無料なので、とりあえず予約」「Windows 8から一刻も早く卒業したい」とWindows 10へ積極的にアップグレードする(アップグレードした)人が多いようだ。今回は、Windows 10のいいとろはどこなのか、あらためて整理していきたい。

Windows 10のデスクトップ画面

Windows 10のデスクトップ画面

やっぱり「スタートメニュー」は使いやすい! Windows 8/8.1の使いにくさも解消

Windows 10は、「Windows as a Service」という考えに基づいて提供される初めてデスクトップ向けWindowsだ。Windows 10は、プロダクトではなくサービスとして提供される。つまり、スマートフォンやタブレットの「Android」や「iOS」と同じように、大きな機能追加やユーザーインターフェイスの変更があっても、無料でアップデートできるのだ。もちろん、パソコンの性能不足でアップデートができない、または一部機能が使えないという状況は将来出てくるかもしれないが、これまでのようなサポート期間がないため、パソコンが壊れない限り、Windows 10を使い続けられる。

Windows 10のいいところだが、まずはWindows 7/8/8.1から無料でアップグレードできることだろう。1年間という期間限定ではあるが、これまでWindowsのアップグレードは基本的に有料だったので、ユーザーからすれば単純にお得だ。無料期間が1年間と長めにとられているのもうれしい。焦ってアップグレードする必要はなく、自分の使っているパソコンや周辺機器、アプリの対応が万全になってからアップグレードすればいい。

メーカー製のパソコンであれば、自分のパソコンがアップグレードの対象製品かどうかを確認しよう。大手パソコンメーカーでは2013年以降に発表したモデルを対象としているところが多い。ちょうどWindows 8搭載パソコンが発表されたタイミングで、Windows 8/8.1に不満を持っているユーザーなら、メーカーのサポートが整い次第、アップグレードするといいだろう。2013年以前のアップグレード対象外のモデルであっても、前述の通り、Windows 7以降のパソコンならWindows 10に無料でアップグレードできる。ただし、メーカーのアップグレード対象外なので、アップグレードによって何らかの不具合があっても、メーカーのサポートは受けられない。Windows 7で問題なく使えているのなら、アップグレードをしない選択もありだ。Windows 7は、メインストリームサポートは終了しているが、2020年までは延長サポート期間で、セキュリティの更新プログラムは提供される。

前置きが長くなったが、Windows 10の機能面でのいいところを見ていこう。まず、Windows 10には使い勝手の面で画期的と言える新機能はない。Windows 8/8.1で不評だったところを改良し、評価の高かったWindows 7のいいところを取り入れたOSと言える。

Windows 8/8.1ユーザーから見た場合のいいところは、復活した「スタートメニュー」だ。「スタートメニュー」は、Windowsの操作の起点として、「Windows 95」から長年、Windowsユーザーに親しまれてきた。パソコン教室では、最初にスタートメニューの使い方を習うほど、Windowsには重要な機能だったが、Windows 8で「スタート画面」が導入され、事実上、スタートメニューは廃止されてしまった。この変更に多くのユーザーが戸惑い、Windows 7からWindows 8への移行がなかなか進まなかったのは記憶に新しい。

Windows 10のスタートメニューは、基本的な挙動はWindows 7のスタートメニューと同じだ。電源のオン・オフ・再起動、パソコンの設定、よく使うアプリなど、スタートメニューを起点として、さまざまな操作ができる。また、右側にはWindows 8のスタート画面風のタイルもあり、こちらは最新の情報(新着メールの数や天気、ニュース)などをチェックできる。タイル部分を柔軟にカスタマイズできるのもポイントだ。サイズを変更したり、アプリだけでなく、フォルダーなども登録したりできる。タイルを非表示にして、文字だけのシンプルなスタートメニューにすることも可能だ。カスタマイズ性を重視するパソコン上級者にとっても、Windows 10の新しいスタートメニューは使いやすいのではないだろうか。

Windows 10のスタートメニューは、スタートボタンをクリックすると表示される。タブレットなどではWindowsボタンからも呼び出せる。左側には「よく使うアプリ」や「エクスプローラー」「設定」「電源」など、Windows 7のスタートメニューに近い項目が並んでいる。右側にはWindows 8のスタート画面のようなタイルが表示される。スタートメニュー自体のサイズは調整が可能

タイルはサイズを変更したり、対応アプリなら「ライブタイル」機能をオン・オフしたりできる

タイルはサイズを変更したり、対応アプリなら「ライブタイル」機能をオン・オフしたりできる

タイルにはアプリだけでなく、フォルダーを登録することも可能。システムなども登録できる

タイルにはアプリだけでなく、フォルダーを登録することも可能。システムなども登録できる

Windows 8/8.1では、全画面で表示されるストアアプリも不評だった。全画面で表示されるアプリは、そのアプリに集中できるメリットはあるが、Windowsが得意とする複数のウィンドウを開きながら、作業するのには向いていない。また、ストアアプリは全画面表示、普通のアプリはウィンドウ表示と、アプリごとに動作が異なり、予期せずに全画面表示となり、作業の妨げになることもあった。

それに対して、Windows 10では、通常のデスクトップモードとは別に、タブレットモードを用意。デスクトップモードで起動したアプリ(ストアアプリも含む)はすべてウィンドウ表示となり、タブレットモードで起動したアプリはすべて全画面で表示される。アプリではなく、モードによってウィンドウ表示か全画面表示かが変わることで、Windows 8/8.1の使いにくさが払しょくされたと言える。

タブレットモードは、タスクバーのアクションセンターからオン・オフできる。2in1タイプのパソコンの中には、キーボードの脱着でタブレットモードと通常モードが切り替わるモデルもある

タブレットモードにすると、タッチ操作しやすいように、タイルをベースとした画面に切り替わる

タブレットモードにすると、タッチ操作しやすいように、タイルをベースとした画面に切り替わる

「仮想デスクトップ」や「クイック アクセス」は地味ながら便利な機能

使い方にもよるが、新機能の「仮想デスクトップ」も重宝するはずだ。Macユーザーにはおなじみの機能で、仮想デスクトップ1は情報収集用、仮想デスクトップ2は作業用と、複数のデスクトップ画面を使い分けられる。ウィンドウを大量に開いて収集がつかなくなって困っている人は、仮想デスクトップが使うといいだろう。

仮想デスクトップを利用する際に覚えておきたいのがショートカットキーだ。「Windows」+「Ctrl」+「D」で仮想デスクトップの作成、「Windows」+「Ctrl」+「←/→」で仮想デスクトップ間の移動ができる。2つのショートカットキーを覚えれば、仮想デスクトップがさらに使いやすくなるはずだ。

複数のアプリやウィンドウを開いて作業する場合に便利な仮想デスクトップ

複数のアプリやウィンドウを開いて作業する場合に便利な仮想デスクトップ

エクスプローラーでは、「クイック アクセス」が地味ながら便利だ。Windows 8.1にも「お気に入り」という同様の機能があったが、クイック アクセスはお気に入りを進化させた機能と言える。使用頻度の高いフォルダーや最近使用したファイルをすばやく呼び出せるもので、ファイルに関しては保存場所やファイルの種類に関係なく表示できるのがポイントだ。途中で中断した作業を再開する場合などに役立つ。Windows 7の「最近表示した場所」をよく使っている人にとっても、このクイック アクセスは便利なはずだ。

「ナビゲーションウィンドウ」に表示されるクイック アクセス

「ナビゲーションウィンドウ」に表示されるクイック アクセス

Wi-Fiの設定や画面解像度の調整、アカウントの管理などでよくお世話になる「設定」も便利だ。Windows 8ではチャームから「PC設定」が呼び出せたが、すべての設定を網羅しておらず、中途半端だったため、結局、「コントロールパネル」を使わなければならなかった。それに対してWindows 10の設定はシンプルなユーザーインターフェイスながら、必要なものがそろっている。アプリの削除、Windows Updateもここからできる。コントロールパネルも引き続き用意されているので、コントロールパネルに慣れているユーザーでも困ることはない。

設定はシンプルなユーザーインターフェイスで、タッチ操作主体のデバイスでも使いやすい。必要なものがそろっているのもポイント

コントロールパネルはスタートボタンを右クリックして呼び出せる

コントロールパネルはスタートボタンを右クリックして呼び出せる

Windows 8/8.1ユーザーならアップグレードが正解

このほかにも、「Cortana(コルタナ)」や「Windows Hello(ウィンドウズ ハロー)」など、Windows 10には注目の新機能がある。ただし、コルタナはまだ日本語版が提供されておらず、Windows Helloもカメラなど対応のハードウェアが必要だ。Windows 10の真価が発揮されるのはもう少し先になるのかもしれない。

Windows 10は、今のところ動作も安定しており、大きな欠点も見つかっていない。画期的な機能はないものの、Windows 8/8.1のような「使いにくい」と感じる点が少ないのが特徴と言える。Windows 8/8.1のユーザーなら、Windows 10へアップグレードするのが正解だろう。前述の通り、メーカー製のパソコンを利用している人は、メーカーのサポート体制が整ってからアップグレードしたい。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

製品 価格.com最安価格 備考
Windows 10 Home 日本語版 16,969 最新のWindows OS
Windows 10 Pro 日本語版 23,280 最新のWindows OS
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

レビュー最新記事

レビュー記事一覧
2016.9.29 更新
ページトップへ戻る