気になる重量はWi-Fiモデルが713g、Wi-Fi+Cellularモデルが723g!

12.9型の大画面タブレット「iPad Pro」登場! ペンや専用キーボードで生産性はノートPC以上か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

米アップルは2015年9月9日(現地時間)、米国・サンフランシスコで新製品発表会を開催し、タブレット端末「iPad」やスマートフォン「iPhone」、セットトップボックス「Apple TV」の新モデルを発表した。ここでは、iPadの新モデル「iPad Pro」および「iPad mini 4」のくわしい情報を整理したい。

手前から7.9型の「iPad mini 4」、9.7型の「iPad Air 2」、12.9型の「iPad Pro」

手前から7.9型の「iPad mini 4」、9.7型の「iPad Air 2」、12.9型の「iPad Pro」

12.9型の大画面ディスプレイを搭載した「iPad Pro」が登場! ペン入力もサポート

iPad Proは12.9型(2732×2048)のディスプレイを搭載した大画面のタブレット端末。法人市場やビジネスパーソンがターゲットで、画面サイズをモバイルノート並みに大きくした。大画面を生かして、複数のアプリを同時に立ち上げて作業できる「Split View」や小画面で別アプリを使える機能も盛り込んだ。本体サイズは220.6(幅)×305.7(奥行)×6.9(高さ)mm、重量はWi-Fiモデルが713g、Wi-Fi+Cellularモデルが723g。重量はさすがに重くなっているが、本体の厚さは9.7型の「iPad Air 2」(6.1mm)並みに抑えている。

アクセサリーも法人市場を意識した磁石で装着するキーボード「Smart Keyboard」(米国での販売価格は169ドル)や、筆圧を検知できるタッチペン「Apple Pencil」(同99ドル)を用意。Smart Keyboardは、スタンドやケースとしても利用可能。ファブリック素材から作られており、4mmの薄さでありながら正確で安定したタイピングができるという。また、水と汚れに強い仕上げを施しており、耐久性もすぐれているという。Apple Pencilは筆圧に加えて、2つの傾斜センサーが手の向きと角度を計算し、ペンの傾きによって線に濃淡を加えられる。充電にはLightningコネクタを利用。iPad Proに挿し込むことで充電できる。最大12時間の利用が可能。15秒の充電で30分利用できる急速充電のような機能も盛り込まれている。

Apple Pencil

Apple Pencil

筆圧と角度を検知し、線に濃淡をつけられる

筆圧と角度を検知し、線に濃淡をつけられる

プロセッサーには、64ビットアーキテクチャーを搭載した「A9Xチップ」を採用し、モバイルノート並みかそれ以上の処理能力を実現。「A8Xチップ」を搭載するiPad Air 2と比べると、1.8倍のCPUパフォーマンスを持つ。描画処理能力も最大2倍に高めた。ストレージコントローラーを改良し、データの読み書きのスピードを高速化。RAW画像もすぐに展開できるという。バッテリー駆動時間はiPad Air 2と同じで、最大10時間。

本体の四隅に4つのスピーカーを組み込み、音質も改良。縦向きか横向きかを自動的に認識して、どの向きで使ってもバランスの良いサウンドを実現しているという。ボリュームはiPad Air 2より約3倍にアップしている。カメラは800万画素の「iSightカメラ」(F値2.4)と120万画素の「FaceTime HDカメラ」(F値2.2)を搭載。

カラーバリエーションは、iPad Air 2と同じシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。米国での販売価格はWi-Fiモデルの32GBモデルが799ドル、128GBモデルが949ドル。Wi-Fi + Cellularモデル(128GB)が1079ドル。11月に発売する。

12型の液晶ディスプレイを備えたマイクロソフトの「Surface Pro 3」にサイズ感は近い

12型の液晶ディスプレイを備えたマイクロソフトの「Surface Pro 3」にサイズ感は近い

大画面だけに2ペインのアプリは使いやすそうだ。複数のアプリを利用する「Slide Over」も見やすいはずだ

大画面だけに2ペインのアプリは使いやすそうだ。複数のアプリを利用する「Slide Over」も見やすいはずだ

713g(Wi-Fiモデル)は片手で持つには少々重いかもしれない

713g(Wi-Fiモデル)は片手で持つには少々重いかもしれない

カラーバリエーションはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色

カラーバリエーションはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色

薄型化と高速化を実現した「iPad mini 4」

7.9型の「iPad mini」の新モデル「iPad mini 4」も発表された。こちらはすでに国内でも販売中で、オンラインストア「Apple Store」などで購入できる。Wi-Fiモデルの価格は、16GBモデルが42,800円、64GBが53,800円、128GBが64,800円(いずれも税抜)。Wi-Fi + Cellularモデルは、16GBモデルが56,800円、64GBが67,800円、128GBが78,800円(同)。

一世代前のモデルと同じ2048×1536表示に対応した7.9型のRetinaディスプレイを搭載。iPad Air 2と同じ、フルラミネーションディスプレイと反射防止コーティングを施し、薄型化と表示品質の向上を実現した。本体サイズは134.8(幅)×203.2(奥行)×6.1(高さ)mm、重量はWi-Fiモデルが298.8g、Wi-Fi + Cellularモデルが304g。従来モデルよりも1.4mm薄くなり、30gほど軽くなった。

プロセッサーには、「A8チップ」を搭載。第三世代モデルが搭載する「A7チップ」と比べて、CPUパフォーマンスが30%、描画処理が60%高速化している。このほか、iSightカメラが500万画素から800万画素にアップするなど、細かい点も改良されている。指紋認証センサー「Touch ID」などは引き続き搭載する。

iPad mini 4

iPad mini 4

SmartCover

SmartCover

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

製品 価格.com最安価格 備考
iPad Pro Wi-Fiモデル 128GB 12.9型Retinaディスプレイを搭載したiPad Pro
iPad Pro Wi-Fiモデル 32GB 12.9型Retinaディスプレイを搭載したiPad Pro
iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GB A8チップや7.9型Retinaディスプレイを搭載した第4世代のiPad mini
iPad mini 4 Wi-Fiモデル 64GB A8チップや7.9型Retinaディスプレイを搭載した第4世代のiPad mini
iPad mini 4 Wi-Fiモデル 16GB A8チップや7.9型Retinaディスプレイを搭載した第4世代のiPad mini
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新製品レポート最新記事

新製品レポート記事一覧
2016.7.30 更新
ページトップへ戻る