ゲームや映画鑑賞に最適! もちろん仕事にも使える!

ボーナスで買いたい! 大画面タブレットセレクション

このエントリーをはてなブックマークに追加

薄くて軽く、どこにでも持ち歩いて使うことのできるタブレット。サイズやOSなど多様な製品があふれているが、10インチ前後のディスプレイを備えた、いわゆるフルサイズタブレットは、動画、音楽、静止画、Webコンテンツなどデジタルコンテンツを大画面で楽しめることに加えて、無料の「Microsoft Office for Android Tablet」や「Office for iPad」に加え、フル機能を使える「Office365」もありノートPCの代わりとしても使いやすくなってきた。そんなフルサイズタブレットの中から、ボーナスで買いたいモデルをピックアップしよう。

※記事中の価格.com最安価格やランキング順位など各種データは2015年6月15日時点の情報です。

Part1 ソニー「Xperia Z4 Tablet」
ハイレゾ音源&高音質コーデック「LDAC」に対応する注目のAVタブレット

ソニーの人気タブレット「Xperia Tablet」シリーズの最新モデル。歴代シリーズは、薄さと軽さを徹底的に追求しているが、最新のXperia Z4 Tablet(Wi-Fiモデル)では、さらに薄型化と軽量化を図っている。本体サイズは約254(幅)×167(高さ)×6.1(厚さ)mm、重量は約389g。従来機種の「Xperia Z2 Tablet」よりも重量は37g軽く、厚さは0.3mm薄い。額縁(ベゼル)を狭くすることで、画面サイズを変えずに小型化しているのも見逃せない。タブレットの魅力である機動性がさらに高まっている。そのいっぽうで、最新のオクタコアCPU「Snapdragon 810」やOSに「Android 5.0」を採用するなど、基本性能は着実にアップしている。

シリーズのもうひとつの特徴であるディスプレイ性能も健在だ。2560×1600表示に対応する約10.1インチのディスプレイ「トリルミナスディスプレイ for mobile」を搭載。従来機種と比べて約40%明るい高輝度液晶を採用することで、まぶしい屋外でも見やすい。

また、映像とともにオーディオ性能も強化されている。CDより情報量の多いハイレゾ音源に対応するのは従来機種と同様だが、Bluetoothスピーカーやヘッドホンでもハイレゾ音源を高音質で再生できる新コーデック「LDAC」に対応。ワイヤレスでも高音質で楽しめるようになったのだ。LDAC対応の製品は、ヘッドホンとして「MDR-ABT」、スピーカーでは「SRS-X99」や「SRS-X88」「SRS-X33」などが用意されており、予算や目的に応じて選びやすくなっている。ハイレゾ音源に興味があるのなら、これらの周辺機器を同時にそろえてみるのも悪い選択ではないだろう。

こうした高いAV性能を備えた本機は、音楽や動画を楽しむためのタブレットとしてみると、引き続き最有力の選択肢といえよう。

周辺機器では、本機専用として開発されたBluetoothキーボード「BKB50」にも注目したい。QWERTY配列のキーボードとタッチパッドを組み合わせたもので、いっしょに利用すれば、ノートPCのように利用できる。

Wi-Fiモデルは6月19日の発売、NTTドコモとKDDI(au)から発売される通信キャリアの2モデルについては、少し遅れて7月上旬から中旬にかけて順次発売が予定されている。

10.1インチの大画面はそのままだが400g以下という圧倒的な軽さを実現している

10.1インチの大画面はそのままだが400g以下という圧倒的な軽さを実現している

防水・防塵仕様ももちろんクリア。なお、microUSBポートはキャップレスなのもうれしい点だ

防水・防塵仕様ももちろんクリア。なお、microUSBポートはキャップレスなのもうれしい点だ

「Office for Android Tablet」がプリインストールされており、データの閲覧や一部だが編集も可能。「Office 365」を利用すればフル機能が利用できる

専用に開発されたBluetoothキーボードのBKB50。タッチパッドを使ったカーソル操作も可能で、ノートPCに近い感覚で利用できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

特集最新記事

特集記事一覧
2016.9.29 更新
ページトップへ戻る