【新製品レポート No.704】

みんな個性的! ASUSの薄型Windowsタブレット「TransBook Chi」3兄弟を比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

ASUS JAPANの「TransBook Chi」シリーズは、脱着式キーボードが付属する2in1タイプのWindowsタブレットだ。12.5型の「T300Chi」、10.1型の「T100chi」、8.9型の「T90Chi」の3モデルをラインアップする。同社は多くの2in1タイプのデバイスを発売しているが、同シリーズは薄さを追求したのが特徴。T300Chiは、キーボードドック装着時でも16.5mmの薄さを実現している。薄型ノートPCの代表的モデルであるアップル「MacBook Air 13インチモデル」(17mm)よりも薄い。タブレット単体の薄さは7.6mmで、同社によると12型以上のディスプレイを備えたWindowsタブレットとしては世界最薄という。3モデルを比較しながらチェックしていきたい。

ASUS JAPANが2015年の春モデルとして発売する「TransBook Chi」シリーズは、薄さを追求した2in1タイプのWindowsタブレット。左から8.9型のT90Chi、12.5型のT300Chi、10.1型のT100Chi

Core M搭載のハイスペックモデル「T300Chi」

3モデルの中で一番大きな12.5型ワイド液晶ディスプレイを搭載するT300Chi。CPUに「Core M」、ストレージに128GBのSSDを採用したハイスペックなWindowsタブレットだ。キーボードドック装着時の本体サイズは317.8(幅)×191.6(奥行)×16.5(高さ)mm、重量は約1.42kg。タブレット単体の重量は約720gで、厚さは7.6mm。キーボードドック装着時でも非常にスリムだが、重量が約1.42kgと、やや重い。アルミ合金を使ったボディの質感は高く、ダイヤモンドカットが施されたエッジ部分が見る角度によってシルバーに光るなど、細部までこだわってデザインされている。

12.5型ワイド液晶ディスプレイを搭載するT300Chi。今回はフルHDディスプレイを搭載したT300CHI-5Y10を試用している

タブレットとキーボードは磁石で固定する仕組みだ。装着時に目印となるガイドが設けられているが、これは物理的なフックではない。磁石が強力で、タブレット部分を持って持ち上げてもキーボードは落下しない。Bluetoothで接続されているので分離した状態でも使える。キーピッチは実測で19mm(横方向)あるのに加え、主要な文字キーの形状が正方形で、キー入力はしやすい。気になるのは、一般的なノートPCよりも後方に画面を倒せないこと。タブレット部分の重さで倒れないようにするためと思われるが、膝の上で使う際などには苦労しそうだ。

ラインアップは、「Core M-5Y71」(1.2GHz-最大2.90GHz)と2560×1440の高解像度ディスプレイ、8GBメモリーを搭載する「T300CHI-5Y71」、「Core M-5Y10」(800MHz-最大2.0GHz)と1920×1080のフルHDディスプレイ、4GBメモリーを搭載した「T300CHI-5Y10」の2機種を用意。T300CHI-5Y10には、「Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービス」を搭載した「T300CHI-5Y10S」もある。

IPS方式のディスプレイで、視野角は178度の広さを実現。3モデルの中でも明るく、発色もすぐれている。グレアタイプで映り込みがやや気になる

キーピッチが実測で19mmのキーボード。タッチパッドの面積も広く、キーボードドックの使い勝手は、3モデルの中で一番すぐれている

タブレットとキーボードは磁石で固定されている。強力な磁石で、タブレットを持って持ち上げても簡単に外れない

バッテリー駆動時間はT300CHI-5Y71が約6.6時間、T300CHI-5Y10が約7.7時間。外部インターフェイスとしてmicroUSB3.0ポート、microHDMI出力端子(タイプD)、microSDメモリーカードスロット、ヘッドホン出力/マイク入力兼用端子を備える。キーボードドックには、充電用のmicroUSBポートを搭載する。

価格.com最安価格はT300CHI-5Y71が129,636円、T300CHI-5Y10が97,975円、T300CHI-5Y10Sが122,060円(2015年3月6日時点)。Windowsタブレットとしては高価だが、高性能なモバイルノートPCと考えれば、納得できる価格ではないだろうか。ただし、フルサイズのUSBポートがないなど拡張性はタブレットそのものなので、その点は注意したい。

右側面にmicroUSB3.0ポートとmicroHDM(タイプD)I出力端子、ヘッドホン出力/マイク入力兼用端子を搭載

右側面にmicroUSB3.0ポートとmicroHDM(タイプD)I出力端子、ヘッドホン出力/マイク入力兼用端子を搭載

左側面にWindowsボタンと音量調整ボタンを配置する。キーボードドック側のmicroUSBポートは充電用

左側面にWindowsボタンと音量調整ボタンを配置する。キーボードドック側のmicroUSBポートは充電用

上部には電源ボタンを備える。microSDカードスロットは背面に搭載する

上部には電源ボタンを備える。microSDカードスロットは背面に搭載する

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新製品レポート最新記事

新製品レポート記事一覧
2016.7.30 更新
ページトップへ戻る